ゼラニウムの花を咲かせたいなら育て方を間違えないこと

色鮮やかな花を咲かせる

ゼラニウムは花屋や花壇などの日常生活で見かけることも多く、知っている人も多い花です。鳥のくちばしに例えられる可愛らしい花の形と、はっきりとした色合いが華やかで人気があります。代表的な花の色は赤や白、ピンクです。ですが、紫やオレンジの花を咲かせる珍しいゼラニウムもあり、どれも色鮮やかで幅広い世代から支持を得ています。

ゼラニウムの育て方って簡単なの?挑戦しやすい植物について

花

初心者向きとして知られるゼラニウム

花を育てた経験がない人でも育てやすいところが、ゼラニウムが人気である理由の1つです。まず、水やりが控えめで良いので手間が少なく、忙しい人でも続けやすいです。真夏や真冬でも、地域によって環境の調整をすれば1年中花を咲かせるため、長い期間色鮮やかさを楽しめるのです。ゼラニウムは独特の香りを持つ花ですが、それにより虫がつきにくいというメリットもあります。

上手に育てれば長期間楽しめる

真夏や真冬は向いていないと言われるゼラニウムですが、上手な育て方をすることで色とりどりの花を長期間楽しむことが出来ます。なので、自分の住んでいる地域の気候に合わせて育てる環境を調整することが大切です。夏の暑さが厳しい地域では、半日陰に鉢植えを置いたり、風通しを良くすると良いでしょう。雪が降る地域ならば、室内の日当たりが良い場所で育てると長持ちします。

香りが独特で好みが分かれる

ゼラニウムの香りは独特で好みが分かれやすいですが、アロマオイルに使われることも多く、好む人もたくさんいます。簡単に分類をすると、フローラル系に当てはまると言われており、薔薇に似た甘さを持っています。そこに爽やかで少しスパイスの効いたハーブの香りが混ざるので、独特と感じる人が多いでしょう。甘すぎないすっきりとした香りが好きな人に適した花です。

正しい育て方を理解することが大切

初心者向きなことで有名なゼラニウムは、育て方の基本を丁寧に押さえることで、より長い期間花や香りを楽しむことが出来ます。育てる前に、風通しが良く、日当たりの良い環境を作ることが大切です。気温が高くなりすぎない涼しい場所を用意しましょう。また、土を乾かし気味に保つことを意識して、大きく成長する春と秋には肥料を足すと綺麗に育ちます。

長方形バナー2

[PR]
TOPテキストリンク1
TOPテキストテキストテキスト

暖かい地域で育てる場合と寒い地域で育てる場合を比較

日当たりと気温に注意しましょう

暖かい地域でゼラニウムを育てる場合には、日当たりの強さと気温に気をつけましょう。長時間日光が当たり、花や葉の温度が高くなってしまうと、変色や葉が落ちる原因になってしまいます。半日陰などの涼しい場所に移動させることが大切です。

霜に弱い特徴を理解しましょう

ゼラニウムは寒さに弱く、霜がついてしまうと回復が難しいです。そのため、軒下に移動させて育てるか、雪が降る地域ならば室内に入れるのがおすすめです。暖かい地域と比べて土が乾燥しにくいので、より水を控えることも意識すると良いでしょう。

気温を把握して置き場所を変えよう

1年を通して花を咲かせることが出来るゼラニウムですが、開花や育成に適した気温が存在します。住んでいる地域の気候や、日当たりの良さなどから気温をしっかりと把握して、育ちやすい環境を作りましょう。基本的には8度以上の気温を保てると、花や葉の色付きも良く、安心して育てることが出来ます。冬にそれ以下の気温になる場合は、室内に移動させることが大切です。開花には12度前後の気温が必要になるため、涼しい地域で育てるならば日当たりを上手く利用してゼラニウムの温度を上げましょう。

無事に冬を越せた人々の意見を参考にしてみよう

室内で育てるのが無難

雪が降らなくても、気温が下がればゼラニウムは枯れてしまうので、冬は室内で育てられると安心です。土がしっかりと乾くように湿度管理をすれば、花を咲かせることも出来ます。

日の当たる窓辺に移動しました

室内で育てることの多い冬は日当たりが心配なので、昼間は窓辺に置いて日光を浴びさせました。ですが、夜間の窓辺は気温が下がりがちなので、時間帯によって置き場所を変えると長く花を咲かせてくれます。

暖かい地域でも雨風に注意

冬でも8度以上の平均気温を保てる地域なので、外で育成をしています。ですが、雨に当たると乾きにくい季節なため、天候に合わせて軒下に移動させるなどの工夫が大切になります。

正方形バナー1

[PR]
TOPテキストリンク2
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク3
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク4
TOPテキストテキストテキスト

長方形バナー1