ゼラニウムの育て方の基本を学べば元気に育つ

育て方のコツとは?ゼラニウムは土選びや肥料のあげ方などに注意を

育てている人の意見を聞いてみよう

冬でも室内で育てられ、水やりなどの手間も少ないゼラニウムは、初心者でも気軽に挑戦できるのでおすすめです。1年を通して花を楽しめるので、育て甲斐があります。

ゼラニウムが愛され続ける理由・ベスト5

花
no.1

色とりどりの花

赤や白などの代表的な色以外にも、紫やオレンジ、黄色など、たくさんの選択肢があります。1つの鉢植えでも、花壇にたくさん植えても華やかで楽しいです。

no.2

虫がつきにくい

女性が花を育てる時には、虫がつくことが気になることも多いです。ゼラニウムの独特な香りは虫がつきにくいという特徴もあるので、外でも育てやすい花といえます。

no.3

育て方が分かりやすい

水やりの量と気温など、初心者でも分かりやすい育て方なので、トラブルがあっても対処がしやすいです。

no.4

バリエーションが多い

花の色や形といったバリエーションが豊かなゼラニウムは、こだわりを持って育てることが出来ます。一度に違う品種を育てる楽しさを味わえるのも人気の理由です。

no.5

コンパクトで育てやすい

ゼラニウムは鉢植えが1つあれば育てられるので、コンパクトです。ベランダにも置きやすく、気温に合わせての移動も簡単なので育てやすいです。

ゼラニウムの育て方の基本を学べば元気に育つ

園芸用品

季節に合わせて水やり方法を変更

乾燥に強い性質を持つゼラニウムに、水やりのしすぎは大敵です。土の中の湿気により根が腐りやすいので、乾かし気味を保つことを意識しましょう。基本的に1日1回の水やりで充分ですが、気温が高い真夏には2回に増やした方が良い地域もあります。また、冬は土が乾燥しにくいので、水の量を控えめにすると育ちやすいです。

庭

葉っぱが落ちるのは自然現象

特に環境に問題がなくてもゼラニウムの葉が落ちることがあります。これは、環境の変化に対応するために古い葉を落とし、新しい葉をつけるという特性からきている自然現象です。季節や気温の変化に上手く対応するためのものなので、心配は要りません。葉の色の変化も同時に気になる場合は、日光や肥料の量を確認してみましょう。

男女

酸性に弱いので土選びには注意

ゼラニウムは酸性に弱く、酸が強い土では花の量が減ったり、茎が細くなるなどの症状が見られます。アルカリ性の土を使っていても、徐々に酸性に変化してしまうため、こまめにphを測って石灰を撒いたり、場合によっては土を入れ替えるといった対処が求められます。

ゼラニウムを育てる上で押さえるべきポイント3つ

植物

水やりは控えめに

育て方で1番気をつけるポイントは、水やりを控えめにすることです。根が腐りやすく湿気に弱いので、乾かし気味の土を保って風通しの良い場所に置きましょう。

日光量と気温に気を配る

ゼラニウムを開花させる上で、日当たりが良いことはとても重要です。充分な日光量を確保でき、開花に必要な気温を保てる環境作りを意識しましょう。

土のphはアルカリ性を保つ

アルカリ性の土を好むゼラニウムは、酸性が強い環境では上手く成長しません。phをこまめに測り、石灰をまくなどの対処を行いましょう。